7月18日は海の日

7月の第三月曜日は海の日です。日本は海に囲まれている国なので昔から海の恵みを様々な形で食べてきました。岩崎商店で作っている「ところてん」「かんてん」の基となる生寒天も天草(テングサ)と呼ばれる海藻の中に含まれる食物繊維を搾り出して固めたものです。

天草は比較的温暖な海水の中で育つので黒潮が流れる海域で採取される事が多いです。

日本では伊豆諸島、千葉県、静岡県、、、と太平洋側でよく採取されています。

岩崎商店で使用している天草は千葉県産の物が主となっています。

天草は採ってすぐには使う事が出来ません。

まずは、塩分を抜くために真水を天草にかけ、乾燥させ、また真水をかけ乾燥させるという工程を繰り返して天草の塩分を抜いていきます。

岩崎商店には専門の卸店から塩抜きされて乾燥させた天草が入ってきます。


この天草を大量の90℃以上の熱水の中でグツグツと煮込むことで天草の中から成分が溶け出してきます。せっかく溶けだした成分も温度が下がると固まってしまうので高温のうちに草を濾して成分が溶け出した寒天液を取り出す必要があります。寒天作りは高温の中での作業となるのでとても大変です。

でも、この作業をしっかりやらないと美味しい生寒天が出来上がらないので毎回職人が丁寧に濾し布を使って濾しています。機械化してフィルターで濾す方法もあるのですが風味まで濾されてしますので手作業でしっかりと濾す作業をしています。

無味無臭の寒天も良いですが、海藻の香りが仄かに香る手濾しの生寒天を味わって下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。