12月22日は冬至です

2023年の冬至は12月22日(金)です。冬至とは1年で一番昼間の時間が短い日です。日の出が遅い日でも日の入りが遅い日でもありません。日の出が一番遅い日は1月の3日前後、日の入りが一番早い日は12月の4日前後なので1年で一番夜の訪れが早い日は過ぎてしまっています。今は毎日すこしづつ夕方の時間が長くなっていますが、朝の訪れがまだまだ遅くなっていてその中間点が22日の冬至なのです。

日本の暦は中国の影響を強く受けています。陰や陽の考えに基づいた行動を私たちもよくしています。冬至は1年で一番昼間の時間が短い日なので陽の力が一番弱くなります。つまり陰のマイナスの力が一番大きくなる日です。そして翌日の23日からは陰の力が弱くなる区切りの日なのです。この節の区切りめには魔が差すと言われています。2月の節分も冬と春との節の区切り目で魔がやいりやすいので豆まきで鬼退治をします。

これと同じで冬至の節の区切り目には殺菌力の強い柚子で身体を清めることを私たちはしています。冬至に「ん」のつく冬至の七草と呼ばれる食物をたべると良いと呼ばれるのも新しい節に運をつけるためです。

そして冬至に「砂おろし」をするのも体内から綺麗になって新しい節を迎えようという風習の一環です。こんにゃくの食物繊維が腸を刺激して老廃物の排出の手助けをしてくれます。1年間色々なものをたべて老廃物の溜まった腸内の環境もしっかりと整えて冬至の夜を過ごしましょう。

今年岩崎商店のおすすめは「ぺらぺらこんにゃく」です。お鍋に入れて頂くことを考えて味染みやタレのノリがよくなるように薄めに切って左右にギザギザを付けてあります。お肉などを巻き付けて食べるととても美味しいですよ!今年の冬のお鍋にはぜひ「ぺらぺらこんにゃく」を使ってみて下さい。